【体験版レビュー】勇者さま、ゆうべはお楽しみでしたねっ!

作品紹介

DLsite独占タイトル
サークル名 ペペ秘宝館
販売日 2021年05月22日
作品形式 ゲーム(RPG)

この作品がオススメな人
・ドラクエが好きな人
・懐かしいドット絵の作品を遊びたい
・ヒロインを調教できるお触りゲーが好き
・明るいHシーンを楽しみたい

 

 

同人サークル「ペペ秘宝館」からリリースされた新作、勇者さま、ゆうべはお楽しみでしたねっ!の体験版をレビューしていく。

 

この記事には製品版のネタバレは含まれていないので、未プレイの人でも安心して最後まで読んで貰えると嬉しい。

あらすじ

 

本作の主人公「もょとも」『自称』伝説の勇者の子孫を名乗り、その権威を悪用して女の子を宿屋に連れ込もうとしているクズ男である。

 

そんななか世界では「竜魔王」の出現によりモンスターが活発となったため、王さまは自称勇者を城へと呼びつけ、竜魔王を倒しにいくようにと命令する。

 

伝説の勇者の子孫というのはもちろんウソであるため、王様の前ですべてを告白するが「竜魔王を討伐しないと死刑だ!」と言われたので、嫌々ながらも世界を救う勇者として旅に出ることになってしまうのであった。

 

ウソをついたがために、王様の命令によって竜魔王を討伐することになった主人公。

 

さすがクズというべきか、旅に出る前に宿屋の娘「ローナ」を犯してヤリ逃げしようとするが、責任を取るハメになり「奥さん」として一緒に旅をすることになってしまうのであった。

 

本作のヒロインである「ローナ」は押しに弱い性格で、クズな主人公のお願いをなんでも聞いてしまう健気な女の子である。

 

いちおう主人公の妻という立場であるが、彼女のパンツを売って金稼ぎや、目的のために平然と他の男に抱かせられたりなど、彼女の反応は見ていてなかなか面白い(笑)

 

とはいえ、なんだかんだエッチが好きなようで、どんな場面でも悲惨さがない明るいエッチシーンを楽しめるだろう。

Hシステム

本作はRPG部分はファミコン風のドット絵だが、女の子の描写だけは全て「Live2Dアニメーション?」でヌルヌルと動く。

 

ローナが仲間に加入してからはいつでもお触りが可能で、胸を揉んだり、キスをしたりなど様々な反応が楽しめる。

 

 

さらに街中で購入できる「性技具」を装備することで「ブラの中に手を入れる」など、新しいお触りのバリエーションが解禁されるぞ。

 

(説明ではスタミナが続く限りとあるが、即座に回復したので体験版では触り放題?)

宿屋を利用することでいつでも「ローナ」とのエッチシーンを楽しむことができる。

 

ただのエッチだけでなく「調教」も可能で、開発度によってお触りのセリフが変化したり、戦闘中の誘惑スキルが強化されたりなどの恩恵を受けられる。

 

体験版では「調教」が解禁されたタイミングで終了となってしまうが、おそらく製品版では上手く活用することで有利に攻略を進められるだろう。

 

戦闘システム

マップ中のモンスターに接触するとエンカウントとなるが、どいつもこいつもド〇クエ風のデザインで吹き出しそうになる。

 

戦闘システム時代もよくあるRPGのコマンド方式だが、主人公の特技で「ローナに敵を誘惑」させることができる。

 

 

誘惑に成功した敵は行動不能となるので、ローナにどんどん誘惑させて戦闘を有利に進めよう!

また、特技を使って「ブラを脱がせる」ことで、ローナの防御力を下げて攻撃力を上げることもできる。

 

体験版では誘惑とブラ脱がしのみだったが、恐らく製品版ではまだまだエッチな命令がいっぱい解禁されるだろう。

 

 

あとはエロRPG定番の戦闘中の「モンスター姦」もばっちり収録されているぞ!

まとめ

 

体験版では1つのダンジョン攻略と、町を占領するボス1体を倒して町から出たところでゲームが終了する。

 

最初のボスである「ガイコツ戦士」はまあまあHPが高いが、ローナの誘惑が効くのでそんなに苦戦はしないだろう

 

体験版としては20分程度の内容だったが、調教やお触りなどHシーンはかなり楽しめたし、ド〇クエ風のグラフィックに宿屋に泊まったあとの「ゆうべはお楽しみでしたねっ!」などパロディ要素が笑える内容であった。

 

 

クズな主人公のセリフがいちいち面白く、ヒロインのローナちゃんも可愛いし、アニメーションの出来もかなりいいなどなど…

体験版だけでもかなりハイクオリティな作品であることが伺えたので、エロRPG好きならぜひ遊んでみてはいかがだろうか?

「勇者さま、ゆうべはお楽しみでしたねっ!」購入はこちら!

おすすめの記事