【同人レビュー】目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話

作品紹介
目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想
サークル名 ひぐま屋
配信開始日 2020/11/04
作品形式 マンガ

この作品の特徴
・ショタがお姉さんに逆レイプされる
・「先輩×後輩」の斬新な設定のおねショタ作品
・終始、女性上位の逆転なし
・母性を感じるセリフ、プレイが多め

 

 

本作のヒロイン「佐倉」は容姿端麗、頭脳明晰と完璧なスペックの持ち主で、男子生徒たちから絶大な人気を誇る存在である。

 

毎日のように男子から告白されるがすべて断っており、何故か恋人を作らないのもあって『高嶺の花』と称されていた。

目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想

目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想

そんな彼女は放課後の空き教室でオナニーをするのが趣味で、その日は3回も逝ってしまうほどの変態であった。

 

彼女が行為に夢中になっているときに、1年生の後輩「守山」が偶然にも教室にも入ってきてオナニーを見られてしまう。

 

憧れの先輩のエッチな姿を見て、オロオロと狼狽える後輩の姿に「小動物みたい♡」と心がときめいた彼女は、守山に対して「とある提案」を持ちかけるのであった…

目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想

目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想

目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想

目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話 レビュー 感想

この作品のプレイ内容
・女性側からいきなりディープキス
・騎乗位で処女&童貞喪失
・中出し、ぶっかけ
・ショタちんちんをフェラ&手コキ
・赤ちゃんプレイ

 

 

「おねショタ」に定評のあるサークル「ひぐまや」が、「先輩(女)×後輩(男)」でおねショタ展開をやってのけた。

 

性経験豊富な年上のお姉さんに襲われるのが鉄板シチュだが、本作ではどちらも「処女&童貞」というシチュエーションである点も珍しい。

 

 

個人的に少し気になったのが、先輩とショタの年齢差は僅かだというのに「高3×小4」くらい見た目に差があるのは流石に無理があると感じた。

 

総合的な評価としては、おねショタ特化の過去作と比較すると若干の物足りなさはあるものの、純粋なオカズとしてなら良作に間違いない。

 

良くも悪くも万人向けな作風なので「単純に絵柄が好き」、「ソフトなおねショタが好き」であれば問題なく楽しめるだろう。

「目立たない存在の僕が高嶺の花の先輩とエッチな関係になっちゃった話」購入はこちら!

おすすめの記事