【体験版レビュー】ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み-

作品紹介
ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み- レビュー 感想
サークル名 ナップルミル
販売日 2021年05月02日
作品形式 ロールプレイング

この作品の特徴!
・ショタがお姉さんをイカせまくる!
・戦闘なしの簡単RPG!
・孕ませメインのハーレムゲー!
・アニメーション付きのHシーン!
・受精描写あり!

 

同人サークル「ナップルミル」からリリースされた新作、ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み-の体験版をレビューしていく。

 

この記事には製品版のネタバレは含まれていないので、未プレイの人でも安心して最後まで読んで貰えると嬉しい。

あらすじ

ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み- レビュー 感想

 

夏休みに生まれ故郷の田舎村へと帰省した主人公(ショタ)

 

この村では少し前から男が全員出て行ったせいで、女性しか存在しない女人村となっていた。

 

このままではこの村は子供が産まれず、人口減少によって廃村となってしまうが、村の伝統によって他郷の男を呼び寄せるわけにはいかない。

 

そのような理由から、この村の出身であった主人公は村の女たちを孕ませる役目として呼ばれたのだった…

 

すごく簡単にいうと「村の女たち全員と子作りしてください!」というハーレムゲーだよ!

システム

本作はヒロインに話しかけてHシーンを回収していくタイプの作品なので、ゲームが苦手な人でも安心して最後まで遊ぶことができる。

 

もちろん、戦闘やパズル要素もないので、ひたすら抜きに特化した作品を求めている人にオススメだ。

 

 

しかも攻略対象のヒロインがそこそこ多めで、H可能なキャラは30人以上となかなかのボリュームである。

 

 

キャラによっては「イタズラレベル」を上げたりなどHシーン解禁に一部条件が必要なようだが、他の人のレビューを見る限り「時間さえかければ全て回収可能」とのことなので詰まることはまずないだろう。

(このため体験版では会話だけで終わってしまうキャラがほとんどだった)

Hシーン

ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み- レビュー 感想

 

本作は「ショタおね」作品というジャンルで、ワンパクな少年が年上のお姉さんにイタズラしまくる内容となっている。

 

主人公はショタだというのに巨根で絶倫なので、処女はもちろん人妻までもショタとの本気セックスで喘ぎまくり、ショタの精子によって一発で受精する描写が痛快である。

 

ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み- レビュー 感想

ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み- レビュー 感想

このように中出しシーンのあとは受精描写がしっかりと挿入されるので、個人的に孕ませゲーとして文句の付けようがないくらい嬉しい。

 

さらにHシーンはアニメーション付きと豪華。もちろん受精シーンもアニメーション付きなのでめちゃくちゃ興奮する。

(常時アニメではなくラストスパート~射精までがアニメーション)

 

こんなハイクオリティーなHシーンが、製品版だと30キャラ分も楽しめるとなったら1日で下半身が限界を迎えてしまうかもしれない…(笑)

まとめ

 

登場人物は全員年上のお姉さんで、さらに巨乳・爆乳ばかり。

 

女性上位の「おねショタ」とは趣旨が異なり、男性上位の「ショタおね」ではあるが、とりあえず「おっぱい星人」「年上好き」なら間違いなく刺さる作品だろう。

 

他にも村のしきたりによって、合法で女性たちと好きにエッチして孕ませられる点で「ハーレム好き」「孕ませ好き」もプレイして損はない。

 

 

抜き特化の作品にしては「定価2,530円」とまあまあなお値段ではあるが…

 

Hシーンの実用性やボリューム面でかなりの高評価を得ている作品なので、お財布に余裕があるときは是非検討してみてはいかがだろうか。

「ショタ×おねバケーション -種付け村の夏休み-」購入はこちら!

おすすめの記事