【体験版レビュー】搾精外科に異動させられたモモの葛藤

作品紹介

サークル名 おおかみの休日
販売日 2021年05月29日
作品形式 ゲーム(RPG)

この作品の特徴!
・ほぼ移動だけの簡単RPG!
・新米ナースさんが主人公!
・患者とのエッチな交流でヒロインの男性恐怖症を克服しよう!
・お財布に優しい(定価1100円)

 

同人サークル「おおかみの休日」からリリースされた新作、搾精外科に異動させられたモモの葛藤の体験版をレビューしていく。

 

この記事には製品版のネタバレは含まれていないので、未プレイの人でも安心して最後まで読んで貰えると嬉しい。

あらすじ

「え・・・私が搾精外科ですか?」

 

はるかぜ総合病院内科で働く、新人ナースモモ。

 

勉強熱心で、母親思いの彼女の弱点は、幼い頃、父から受けた虐待による男性恐怖症。

 

ある日、彼女のミスが原因で、搾精外科への異動を命じられてしまう。

 

はたして、モモはトラウマを乗り越え、男性患者に搾精できるのだろうか・・・

DLsite製品ページより引用~

システム&Hシーン

本作は基本的に移動と会話だけでHシーンを回収できる「抜き特化」の作品となっている。

 

製品ページによると本編では2回戦闘イベントがあるらしいが、救済措置としてHシーン全開放モードも搭載しているのでゲームが苦手な人でも安心して楽しめるだろう。

 

 

さて、そんな本作のヒロインは病院で働く新人ナースの「モモ」ちゃん。

 

幼い頃に父親から性的虐待を受けたせいで男性恐怖症になり、そのトラウマのせいで仕事中に男性患者の腕を触っただけで気絶してしまう有様であった。

そんな彼女はある日、遅刻をしてしまった罰として、男性患者の性欲処理を担当する「搾精外科」へと異動を命じられる。

 

男性恐怖症のモモにとって地獄のような業務であるが、ここで断っては「早く出世して母親に楽させてあげたい」という目標から遠ざかってしまう。

 

人一倍責任感の強い彼女は嫌々ながらも、男性患者の性欲処理業務を引き受けるのであった…

 

 

体験版のHシーンでは、失神しそうになりながら手コキするモモちゃんを見れたが、製品版ではさらに以下のプレイを楽しめるらしい。

 

プレイ内容の一例
・おっさんにお尻を揉まれながら初めての手コキ。
・男子トイレでパンツを見られながら見抜きされる。
・お風呂を覗かれてお尻に精液をかけられる。
・新人研修でパイズリ実習をさせられる。
・尊敬する元担任教師に罵倒足コキを頼まれる。
・ショタ患者に授乳手コキをせがまれる。
・マゾ患者に焦らしカウントダウン四つん這い手コキ。
etc...

まとめ

体験版をプレイしたあとの感想としては、思っていたよりもストーリー性があったことに驚いた。

 

男性にトラウマを抱えるモモと、同じく女性にトラウマを抱えている男性患者などなど…

 

「トラウマを通じてトラウマを克服する」という深そうなテーマとなっており、続きが気になるところで体験版が終了してしまった。

 

 

「定価1100円」とお手頃な価格で、基本CG25枚とそこそこのボリュームもあるなど、抜き作品としてはかなりコスパがいい作品だと思う。

 

「ナース好き」や「単純に絵柄が好き」な人にも刺さると思うので是非、遊んでみるといいだろう。

 

ちなみに本作に登場する先輩ナースの「サクラ」は過去作ナースNTR~寝取られて寝取って~にも登場しているので、彼女が気に入ったのならそちらもチェックしてみるといいだろう。

「搾精外科に異動させられたモモの葛藤」購入はこちら!

おすすめの記事