【同人レビュー】あのコはおじさんの女(メス)

作品紹介
あのコはおじさんの女(メス) レビュー 感想
サークル名 毎日健康生活
販売日 2020年10月20日
作品形式 マンガ

この作品の特徴
・ロリ作品
・オッサン×少女
・孕ませ・調教もの
・好きなだけセックスできる都合のいい世界線

 

 

男性の生殖機能が低下したことにより、優秀なチ〇ポを持つオスが権力を持つようになる世界線のお話。

 

主人公のオッサンはとても優秀な生殖機能の持ち主のため、誰とでもセックスして子孫を遺すことが法律によって許されている。

 

そして、このオッサン、何十回も射精できる絶倫な上に「ロリコン」なのである。

あのコはおじさんの女(メス) レビュー 感想

 

下校途中の女子小〇生を捕まえて、彼女の母親の目の前で種付け交尾をするなど、いきなり鬼畜なことを始める。

 

もちろん合法だから母親は手出しができないし、オッサンはBBAに興味ないので母親に手を出すことはない。

 

このようにオッサンに目を付けられた少女は、優秀なチ〇ポによって女(メス)へと調教され、子供を妊娠するまで毎日のように種付けさせられる運命にある。

あのコはおじさんの女(メス) レビュー 感想

 

最初は凌辱作品かと思っていたが…案外そうでもない。

 

なんだかんだ少女側もオッサンとのセックスを楽しんでいるし、自分から会いに来るなどセフレ化している娘もいる。

 

なかにはオッサンとの関係によって救われる?少女もいるなど、胸糞系の作品ではないので安心して頂きたい。

あのコはおじさんの女(メス) レビュー 感想

あのコはおじさんの女(メス) レビュー 感想

本作のプレイ内容
・JSを母親の前で種付け
・生意気なJCを調教セックス
・闇深系のJSとハメ撮り
・複数プレイ

 

 

ちなみに本作は少女を妊娠させる「孕ませ」がメインの作品ではあるが、あくまでも「受精描写」が中心となっており、ボテ腹描写はサブ程度の扱いでしかない。

 

そのぶん、妊娠検査薬の陽性反応を見せたり、卵子にオッサンの精子が群がっている様子など、孕ませ好きに刺さる描写が多くて最高だった。

 

純粋に「ロリ作品」「孕ませ作品」「都合のいい世界線」タイプとしては、文句なしのクオリティーで、上記のどれか1つでもマッチするなら手に取って損はないだろう。

「あのコはおじさんの女(メス)」購入はこちら!

おすすめの記事