【AMSR】あまりにも「リアルな援交体験」ができる、危険な同人音声まとめ!

 

『援助交際』

 

男性からすればお金さえあれば誰でも若い女性とセックスができて、女性からすると自分の身体を資本に大金を稼げる、資本主義社会において最も合理的な行動ではありますが、残念ながら日本国内においては違法なので絶対にマネしてはいけません。

 

特に男性の方は現実で未〇年を買ってしまうと確実に人生が終了してしまいますので、絶対に足を突っ込んではいけない領域です。

 

 

とはいえど、「アングラな行為が好き」「反社会的な欲望を抱えている」という男性もたくさんいらっしゃるのも事実。

 

男性なんて法律という壁が無ければみんな若い女性が好きですし、ダメと言われるほど反発したくなるのが人間の心理なので仕方のないことですが…

 

3次元で欲望を発散させるのは流石にマズイので2次元で我慢しましょう。

 

そんな訳で今回はそんなドス黒い欲望を発散させることが可能な、聴くだけで援助交際を体験できる『合法な』同人音声作品を5つご紹介します。

haru20200828.wav【※この作品はフィクションです】

DLsite専売タイトル
サークル名 テグラユウキ
販売日 2020年10月24日
声優 柚木つばめ

 

人気同人サークル「テグラユウキ」より突如リリースされた問題作。

 

私の認識では、この作品から「リアルな援交音声」というジャンルが確立されたと思っています。

 

 

このシリーズのなにが問題かって、販売ページには作品説明もサンプル音声もないのに「3300円」という強気な価格設定であること。

 

どんな内容かもわからない作品に「3300円」も払うのはかなりの勇気が必要で、信頼と安心の「テグラユウキ」ブランドでなければ間違いなくスルーしていたでしょう。

 

 

先に結論から述べさせて頂くと、これは極限までのリアルさにこだわった作品だと言えます。

 

会話というものがほぼなく、淡々と行為が終わるのを耐えている少女の喘ぎ声、シャッターを切る音や、シーツの擦れる音など、まるで自分が未〇年買春の当事者であるかのような錯覚に陥ってしまうほどのリアルさです。

 

完全に人を選ぶ作品であるため一般人には勧めにくいですが、ひと昔前に流行った「ス〇ービーチ」「wi〇ny流出」などのワードにピンっとくる人なら是非視聴してみてはいかがでしょうか。

 

haru20200831.wav【※この作品はフィクションです】

DLsite専売タイトル
サークル名 テグラユウキ
販売日 2020年11月21日
声優 柚木つばめ

 

まさかの2作目がリリース。

 

時系列的には前作から3日後のようで、女の子も援交慣れしたのか前作よりは会話量が増えましたが、相変わらずの塩対応な感じが背徳感をそそります(笑)

(前作と繋がり的な要素はなし)

 

 

どうやら彼氏持ちであることが判明した上に、本作では3人の男性との援交が収録されているなど、なんだか闇の深そうな少女です。

 

会話量の多さや、プレイが過激になっている点で、前作と比べて聴きやすい内容となっているため、このシリーズが気になる人はこちらから試してみるのもアリだと思います。

 

hikaru20200915.wav【※この作品はフィクションです】

DLsite専売タイトル
サークル名 テグラユウキ
販売日 2020年12月05日
声優 秋野かえで

 

さらにまさかの3作品目。

 

今作では女の子が変わって「hikaru」との行為が収録されており、前作までの「haru」と比較してやや会話量が多くて感度も良好と、円光少女特有の擦れた感じが控えめとなっています。

 

 

ただこの作品を視聴する前に注意して欲しいのが、新規作品ではなく1作品目のリテイク作品であること。

 

声優が「柚木つばめ」さんから、「秋野かえで」さんとなっているだけで、脚本自体は1作品目とほぼ同じです。

(むしろ若干少なくなっている)

 

 

なので「秋野かえで」さんが好き、バージョン違いを楽しみたいなどでなければ、1作品目か本作のどちらか片方だけ視聴すればOKだと思います。

 

個人の好みにもよりますが、同人音声としての聴きやすさを重視するなら本作で、リアルさを重視するなら1作品目だと感じました。

 

hikaru20200925.wav【※この作品はフィクションです】

DLsite専売タイトル
サークル名 テグラユウキ
販売日 2021年1月23日
声優 秋野かえで

 

間違いなくリリースされるであろうと思った4作品目。

 

そして今作も新規作品ではなく、2作品目の「秋野かえでver」となっています。

(相変わらず内容が少し減っている)

 

 

元々の2作品目がややハードな内容(3Pや童貞に対しての言葉責めなど)なのもあって、声優による演技の違いが前作よりも顕著。

 

こちらに関しては両方視聴するのもアリだと思います。

 

春売りJK○をホ別2万で買う

DLsite専売タイトル
サークル名 Whisp
販売日 2021年3月30日
声優 白沢サヤカ

 

こちらもサークルこそは違うものの、わずかな商品説明とサンプル無しで販売された問題作。

(値段は2200円なので良心的ではあるが)

 

今まで紹介したシリーズのオマージュかと思いきや、こちらはバリバリのドS向けの内容となっています。

 

収録トラック

・01『話す。触る。』.wav

・02『口。』.wav

・03『ゴムを付けさせる』.wav

・04『ゴムに穴を開けた。正常位』.wav

・05『精液を搔き出す姿で見抜き。小便をかける』.wav

・06『撮影会』.wav

・07『2日目。即尺。イマラチオ』.wav

・08『組み伏せる。生中出し』.wav

・09『彼氏と電話中に犯す』.wav

・10『帰さない。睡姦。中に出す』.wav

 

ご覧のとおり、初々しい円光少女が悪い大人の毒牙にかかって悲惨な目に遭う作品で、必死に抵抗する様子や、号泣するシーンなどなど…

 

声優の「白沢サヤカ」さんの迫真の演技も相まって相当ヤバイ音声作品へと仕上がっております。

 

リアルな援交音声という面では雰囲気がよく似ているが、それと同時にリアルなレイプ音声でもあるので、その手の展開が苦手な人は要注意。

 

「可哀そうなのが抜ける人」ならこれ以上ないほどのオカズになると思うので、是非視聴してみてはいかがだろうか。

 

関連キーワード
音声作品の関連記事
おすすめの記事