【寝取られ名作レビュー】クローゼット

作品紹介

サークル名 山雲
販売日 2015年11月29日
作品形式 マンガ
価格 1100円

この作品の特徴!
・真面目で清楚な巨乳幼なじみが先輩に寝取られる
・親友を助けるためにヤリチンの餌食になる
・主人公のことが好きだが先輩のテクニックと巨根に敗北する
・目の前で間男とのセックスを見せつけられる
・徹底的にメスへと調教される

どんなお話?(ネタバレなし)

 

本作の主人公「たかし」は、隣に住んでいるヒロインの幼なじみである「りんか」に好意を寄せている。

 

しかし子供の頃からの近しい仲であるがために一線を超える関係にはなれないでいた。

 

そんな日々が続いたある日、たかしは、りんかから借りていたノートを返すために家に出向いたところ、まだ帰ってないということで彼女の部屋で待つ事になった。

 

りんかが家に帰ってきたが、誰か男の人と話している声が聞こえて、たかしはとっさにクローゼットの中に隠れてしまう。

たかしは「誰が家に来たんだ」とクローゼットのなかでそわそわしていると、りんかと話しているのは「ヤリチンの先輩」であることが判明した。

 

自分が好意を抱いているりんかに、慣れ慣れしくベタベタとくっついた挙句、強引にキスを迫る先輩を見て、たかしはクローゼットのなかで怒りを隠せないでいた。

 

しかし、口では「イヤだ」と言いながらも、あまり抵抗しないりんかを見て困惑する。

さらに、りんかはパンツとブラを外されそのまま先輩との「生セックス」が始まる。

 

たかしがクローゼットのなかで混乱する中、先輩の巨根が、愛するりんかのマンコに入ってしまう。

 

先輩の巨根とテクで、彼女は獣のように喘ぎ狂い、絶頂する。

 

それでもまだまだ行為は終わらない。

 

先輩は「教えたでしょ。ほら、ちゃんと言って」と、彼女に言い「気持ちいです…先輩のおちんぽ…」とりんかが答える。

たかしは、その後も何度も何度もチンポをハメられるりんかを見て「彼女は強姦されているんだ」と思っていた。

 

しかし、たかしの考えは間違いで「先輩にメスとしての快楽を教えこまされ、彼女もそれを愉しんでいる」と気づく。

 

さらに先輩は当たり前のように避妊もせずに彼女に中出しをする。

 

2人がシャワーに向かったのを見届けて、その隙にたかしはクローゼットから飛び出して家を後にしたのであった…

この作品のプレイ内容(一例)

プレイ内容(微ネタバレ)
・片思い中の幼なじみが目の前でヤリチンに抱かれる
・アナル拡張、ディルドをはめて学校に登校
・ヤリチンの指示で陰毛処理、エロい下着を着させる
・絶対服従の調教セックス
・主人公との通話中に中出しセックス

まとめ!

「友達を助けるため」という理由から間男と関係を持ち、結果的にNTR調教されるという王道タイプ寝取られの作品。

 

さらに作品が「シーズン4」まで続いているのもあり、見ごたえもバッチリだ。

ヤリチンに抱かれるヒロインの表情や、少し重めのほど良い胸糞感が完璧で、誰に感情移入するかで「寝取り好き」も「寝取られ好き」も両方に実用性があるだろう。

 

「征服感が味わいたい」「少し重いNTRが見たい」「清純な幼なじみが汚される」などのシチュが好みならまず満足できるはず。

 

AVで実写化もされた超人気タイトルなので一度手に取ってみて欲しい。

 

なお、以下の製品ページのリンクは全シリーズの詰め合わせに飛ぶようにしている。

 

単品で購入するよりも安く、コミカライズされていない番外編も収録されているので、こだわりがなければこちらの購入を強くオススメする。

※この記事はDLチャンネルにも同時掲載しています。

製品ページはこちら!

おすすめの記事